WEBサービス

HOME > WEBサービス

ウィルス対策メール機能WWWサーバ機能FTP機能CGI機能データベース機能ログ解析 管理機能

ウィルス対策
有料
ウィルスチェック
  • メールの受信時にサーバーでウィルスの感染をチェックします。もしウィルスに感染していれば駆除してから受信します。
  • ウィルスチェックは、世界三大ウィルス対策会社の一つである「日本ネットワークアソシエイツ社」のウィルスチェックソフトを使用しています。
  • ウィルス定義ファイルを自動更新しているので最新情報に基づいたウィルス駆除サービスを行っています。
  • ※アカウント数に関係なくご契約ドメインすべてのメールをチェックします。
メール機能
標準
メール受信容量設定
  • メールアカウントごとに受信容量の設定ができます。
  • 容量設定は、お客様の使用状況に合わせて、メールで使用する容量とWEBで使用する容量を自由に設定することができます。
  • 例えば、200MBの基本容量で、1つ4MBのメールボックスを10個作成し、メール容量で40MB確保します。残り160MBが自動的にWEB容量となりますので、自由に容量を設定することが可能となります。

標準
メール転送
  • メールの受信時にサーバーでウィルスの感染をチェックします。もしウィルスに感染していれば駆除してから受信します。
  • ウィルスチェックは、世界三大ウィルス対策会社の一つである「日本ネットワークアソシエイツ社」のウィルスチェックソフトを使用しています。
  • ウィルス定義ファイルを自動更新しているので最新情報に基づいたウィルス駆除サービスを行っています。

標準
メール自動返信
  • メールの受信時にサーバーでウィルスの感染をチェックします。もしウィルスに感染していれば駆除してから受信します。
  • ウィルスチェックは、世界三大ウィルス対策会社の一つである「日本ネットワークアソシエイツ社」のウィルスチェックソフトを使用しています。
  • ウィルス定義ファイルを自動更新しているので最新情報に基づいたウィルス駆除サービスを行っています。
このページの上部へ

標準
エイリアス管理
  • 1つのメールボックスに複数のメールアドレスが設定でき、それぞれのアドレスに送信されたメールを1つのメールボックスで受信できます。
  • 例えば、地方ごとに「hokkaido@sample.jp」や「tokyo@sample.jp」というメールアドレスを1つのメールボックスに設定します。どちらのメールアドレスに送信されても1つのメールボックス「info@sample.jp」で受信されるので、管理がとても楽になり便利に使えます。

有料
WEBメール
  • 普段お使いの会社のパソコンでなくても、外出先でインターネットに接続されたパソコンもしくは携帯電話などから、会社のメールの送受信ができます。
  • インターネット環境さえあれば自宅・外出先・海外出張先など、どこからでも会社のメールを読むことができます。もちろん発信、返信時にも会社のメールアドレスで送信できます。(通常のメール転送機能では、メールを読むことができても、転送元のメールアドレスでは返信できません) 場所を問わずにメールが使える、とても便利な機能です。
  • 添付ファイルも送受信可能です(PCのみ)。ただし、サイズが大きい(約1MB~)、ファイル名に半角英数字以外の文字が含まれる、等のファイルは送受信できない場合があります。

標準
APOP対応
  • メール認証時にパスワードを暗号化して、セキュリティを高めます。
  • メール受信時のパスワード認証に暗号化したパスワードを用いる事でパスワードが外部に漏れないよう保護します。
  • 安全性を高めるため、APOP対応メールソフトをご使用の方はできるだけ「APOP認証を行う」設定にしておくことをお勧めいたします。

標準
メールサーバー不正利用対策
  • 第三者によるお客様メールサーバーの不正利用を防ぎます。
  • 広告やイタズラなどのSPAMメールを受信し不快な思いをされた経験があるとと思います。最近ではSPAM送信者の手口も巧妙化され、他人のサーバーを不正利用しSPAMメールの中継をさせるというケースも出てきています、これにより被害者であるお客様が、SPAMメールの送信者になってしまう恐れもあります。
  • この不正利用の防止のため、「POP before SMTP」と「SMTP認証」という仕組みを提供しております。
このページの上部へ
WWWサーバー機能
標準
Blog/weblog(ブログ/ウェブログ)「MovableType」対応
  • Blog/weblogとは、最新のものから順番に並べられた記事とコメントが定期的に更新されるページのことです。通常、”ブログ””ウェブログ”と呼ばれ日記や評論サイトなどで利用されています。弊社では、Blog/weblogを簡単に開設できるサービスツールの「MovableType」に対応し、インストールマニュアルを用意しております。

    ※ご利用にはデータベース(MySQL)のお申込が必要になります。(無料)
    ※ImageMagickご利用はこちらからお申込ください。
    ※ImageMagickをご利用になる場合、約35MBの容量を消費します。


標準
XOOPS対応
  • XOOPSとはYAHOO!のようなポータルサイト(コミュニティサイト)を個人でも手軽に立ち上げることの出来るソフトです。Speeverではインストールマニュアルをご用意いたしましたので、手軽にご利用いただけます。

    ※ご利用にはデータベース(MySQL)のお申込が必要になります。(無料)


標準
FrontPage対応
  • Microsoft社のホームページ作成ソフト「FrontPage」に対応していますのでサーバーとの連携により高度な機能を利用することができます。
  • 「FrontPage」でホームページを作成されるお客様は、「FrontPage」の機能を最大限に利用することができます。例えば、CGIなどの専門知識が無くても、アクセスカウンタの設置など、「FrontPage」の作成機能で簡単にホームページを作成できます。
  • 「FrontPage」ソフト自体はお客様でご用意いただく必要があります。「FrontPage」自体の操作方法等はサポート対象外になりますので、Microsoft社のサポートをご利用下さい。「FrontPage」はMicrosoft社の登録商標です。

有料
SSL対応(共有SSL)
  • SSL(Secure Socket Layer)とは、クライアント(Webブラウザ)とWebサーバ間で送受信されるデータを暗号化し、安全な通信を行うためのセキュリティ機能です。
  • 送信フォームを利用した会員登録や、オンラインショッピングのお買い物など、プライバシーに関わる個人情報やカード番号等を通信する場合、SSL機能があればデータは暗号化され送受信されるので、改竄や盗聴などの危険からデータを守ることができます。特にオンラインショッピングなどの場合、データに対する不安が買い物をさける理由のトップになっていますので、必須の機能といってもよいでしょう。
  • 共有SSLは2種類の方法でSSL通信が可能です

    ※いずれの場合もSSL暗号化通信は問題なく行われます

  • ■お客様のドメイン名でご利用になる場合
    *SSL通信(https://)にすることにより簡単に導入が可能になります。
    *証明書がないためセキュリティ警告のダイアログが表示されます。
  • ■指定ドメイン名でご利用になる場合
    *セキュリティ警告のダイアログは表示されません。
このページの上部へ

有料
SSL対応(日本ベリサインサーバーID)
  • 世界標準となっているベリサイン社が提供するサーバー証明書サーバーIDがご利用頂けます。
  • 日本国内で法人登記されている必要があります。
  • サーバーIDを取得する際の条件はこちらでご確認下さい。
  • SSL(Secure Socket Layer)とは、クライアント(Webブラウザ)とWebサーバ間で送受信されるデータを暗号化し、安全な通信を行うためのセキュリティ機能です。
  • 送信フォームを利用した会員登録や、オンラインショッピングのお買い物など、プライバシーに関わる個人情報やカード番号等を通信する場合、SSL機能があればデータは暗号化され送受信されるので、改竄や盗聴などの危険からデータを守ることができます。特にオンラインショッピングなどの場合、データに対する不安が買い物をさける理由のトップになっていますので、必須の機能といってもよいでしょう。

有料
SSL対応(グローバルサインサーバーID)クイックSSLプレミアム
  • グローバルサイン社が提供するサーバー証明書サーバーIDがご利用頂けます。
  • 短時間でのSSLサーバ証明書発行が可能となっており、お手頃料金で個人~法人まで幅広くご利用いただけます。
  • SSL(Secure Socket Layer)とは、クライアント(Webブラウザ)とWebサーバ間で送受信されるデータを暗号化し、安全な通信を行うためのセキュリティ機能です。
  • 送信フォームを利用した会員登録や、オンラインショッピングのお買い物など、プライバシーに関わる個人情報やカード番号等を通信する場合、SSL機能があればデータは暗号化され送受信されるので、改竄や盗聴などの危険からデータを守ることができます。特にオンラインショッピングなどの場合、データに対する不安が買い物をさける理由のトップになっていますので、必須の機能といってもよいでしょう。

有料
サブドメイン
  • サブドメインとは、http://●●●.oa-top.co.jpのようにお客様のURLの別名を使用していただけるサービスです。
  • 通常であれば、www.oa-top.co.jpのようにURLの先頭はwwwと決まっていますが、このwwwの部分を商品ごとやサービスごとなどに分けて運用することができます。もちろんドメイン名は1つのものを使用しますが、サブドメインごとにトップページを作成すれば便利に利用することができます。
    (例)sales.oa-top.co.jp (営業部門) shop.oa-top.co.jp (店舗)
  • サブドメインは5つまで取得することが出来ます。それ以上のご利用は別途ご相談ください。
  • メールアドレスとしてのご利用は出来ませんのでご注意ください。

標準
Apachエラーメッセージ変更
  • 「ページが表示されません」などのエラー画面を独自のエラー画面に変更することができます。
  • お客様のホームページ内容でリンクが切れていたり、CGIなどがエラーで動作しなかった場合などに、下記のようなエラーメッセージが表示されます。サイトを訪れた人には、あまりよい印象を与えません。そんな場合にエラー画面を独自に作成して、トップページに誘導するなど、きめ細やかな対応を行うことができます。せっかくサイトを見に訪れた訪問者を逃がさないためにも、エラーページの設定を行ってはいかがでしょうか?
  • ◎401 Unauthorized パスワード認証に失敗した場合に表示されるページ
  • ◎403 Forbidden アクセス制限でウェブサイトが表示できない場合に表示されるページ
  • ◎404 Not Found ファイルが見つからない場合に表示されるページ
  • ◎500 Internal Server Error サーバ内部のエラーが発生した場合に表示されるページ
このページの上部へ

標準
httpd.conf変更
  • 「ページが表示されません」などのエラー画面を独自のエラー画面に変更することができます。
  • 通常の共有レンタルサーバーは、Webサーバーの設定を独自に変更することはできませんが、SpeeverではVDS方式のサーバーを採用していますので、Webサーバーの基本設定やアクセスログのフォーマットなど、独自に設定することが可能です。
  • パワーユーザーには、独自CGIと組み合わせて、専用サーバーでしか実現できなかったことが可能になります。
  • Webサーバーの重要なファイルになっています。間違った設定を行うと、お客様のWebサーバーが停止する場合もありますので、取り扱いには十分注意をして下さい。

標準
Webアクセス制限(htaccess設定)
  • 「.htaccess」ファイルを設定することにより、認証(ユーザID&パスワード)が必要なホームページを作成できます。
  • 会員制ページや特定のお客様への特別販売情報のページを作成することで、より効果的なホームページになります 。
  • 「.htaccsess」の記載方法、設定方法については市販の書籍等をご参照ください。
  • Speeverでは、「.htaccsess」と同等の機能を標準CGIメニューにご用意しております。詳細は、こちらをご覧下さい。

標準
ImageMagick
  • ImageMagickとは画像表示ツールや画像操作ツールを合せたソフトウェアパッケージです。
  • ブログツール(MovableType)等とご利用いただけます。

    ※ ImageMagickご利用はこちらからお申込ください。
    ※ ImageMagickをご利用になる場合、約35MBのディスク容量を消費します(Speever2以上でのご利用推奨)。


標準
MIMEタイプ編集
  • MIMEタイプを新規に追加することができます。追加したMIMEタイプは後から編集・削除することも可能です。
  • MIMEタイプとは「タイプ名/サブタイプ名」の形式の文字列でWEBサーバーとWEBブラウザの 間はこのMIMEタイプを用いてデータの形式を指定しています。

標準
IPアクセスフィルタ
  • クライアントのIPアドレス単位でホームページ閲覧やメールの送受信作業を許可/拒否等できます。
  • HTTP FTP POP SMTPに有効です。

標準
リンクチェッカー
  • ドキュメントルート(var/www/html)以下の全ての「.html」および「.htm」内に貼られているリンクにリンク切れがないか、一括でチェックすることができます。

有料
GCC(コンパイラ)
  • CやC++、Objective-CやJavaなど複数のプログラミング言語に対応したコンパイラです。
  • バージョンは 2.96 です。
  • GCCのご利用は多くのディスク容量を必要とします(実容量はコンパイル対象データによる)ので、Speever3以上でのご利用を推奨します。
このページの上部へ
FTP機能
標準
FTPアカウント設定(アクセス制限)
  • FTPのアカウントおよびパスワードを自由に設定できます。
  • ユーザー毎にFTPの使用を設定することができます。個人毎の領域が設定されますので、ファイル置き場としてもご利用いただけるため、出先で必要になったファイルのダウンロードなども行えます。

CGI機能
標準
オリジナルCGI
  • お客様独自のCGIスクリプトがご利用いただけます。
  • Perl言語やPHP言語を利用したり、フリーウェアやシェアウェアなどのCGIをダウンロードして利用することができます。
  • CGIを設置いただくフォルダはあらかじめ指定させていただいておりますが、「.htaccess」ファイルを使用することにより、どこにでも設置が可能です。
  • CGIの作成方法についてはサポート外とさせていただいております。

標準
掲示板
  • 一覧表示型・ツリー表示型・トピック表示型・スレッド表示型からお好きなものを選択できます。(運用中でも随時変更が可能です。)。
  • タイトル文字、背景色、文字色等の「デザイン設定」を管理画面上で行うことができます。テキストのみでなく、画像で代用することも可能です。
  • 表示スレッド数・ログ保存数を自由に設定できます。
  • 強力な荒らし対策を装備しています。

標準
送信フォーム
  • 通常の送信フォームとしても、アンケートフォームとしても利用可能です。
  • アンケートフォームとして利用する場合は、集計結果をCSV形式でダウンロードすることも可能です。
  • お好きなレイアウトを管理画面上で設定可能です。
  • 文字カラー、サイズ、背景カラー、の設定や、背景やタイトルには画像を使用することもできます。
  • 質問項目を自由に追加していくことが可能です。
  • テキストフィールド・ラジオボタン・リストメニューなどからお好みの機能を選択し、質問内容を設定することでフォームが完成します。
このページの上部へ

標準
携帯振分け機能
  • お客さまのホームページにアクセスがあった時に、携帯かパソコン接続かを判別して、自動振分けを行い、他のページへ自動誘導することが出来ます。
  • 同じURLで通常のサイトと携帯サイトが運営できます。

標準
アクセスカウンター
  • ホームページ来訪者数を表示させるCGIです。
  • アクセスカウンタを設置することにより、トップページに何人来訪したかすぐ把握することが出来ます。
  • アクセスカウンタはカウンタ数値表示用ファイルも豊富に用意してありますので、あなたのホームページデザインに最適なものを選択できます。またアクセスの報告を自動的にメールで受け取ることも可能です。
  • ◎カウンタ画像の種類(100種類)
  • ◎表示モード設定(表示、非表示)
  • ◎同一アドレスチェック(同じ日に同一のIPアドレスからアクセスがあった場合カウントするか)
  • ◎アクセス報告メール送信・本日/昨日表示と累計表示の2つの表示

標準
掲示板CGI
  • あらかじめ作成された掲示板をお客様のホームページに簡単に設置できます。
  • サイト訪問者とのコミュニケーションには便利な機能です。各掲示板には、セキュリティ機能として管理者が設定できます。もちろんお客様のホームページデザインにマッチするようにカスタマイズも可能です。
  • 各掲示板の詳細設定も、管理画面より行えます。
  • 管理者を設定することにより、掲示板荒らしの防止や不適切な記事を削除できます。

標準
Perlチェッカー
  • Perlで作成した自作CGIプログラムの文法チェックができます。
  • 自作CGIは事前の動作確認をしなければなりません。Perl言語で記述されたプログラムの文法を事前に確認する機能を用意しましたので実際の稼動前に確認ができます。

標準
Ruby対応
  • Ruby対応により、よりオブジェクト指向性の高いプログラムを動作させることができるようになります。
  • バージョンは 1.8.1 です。
  • Rubyをご利用になる場合、約13MBの容量を消費します。

標準
Python対応
  • スクリプト言語Pythonに対応可です。
  • Python は可読性や機能性に優れ、欧米ではPerl に次いで人気のあるスクリプト言語です。
  • バージョンは 2.2.2 です。

標準
SSI対応
  • SSI(Server Side Includes)に対応しています。
  • HTML文書の中にコメントを入れることにより、CGIと同様に動的なホームページを作成することが出来ます。
  • ファイルの最終更新時刻やサイズなどを自動的に表示したり、外部コマンドの実行結果をページの中に表示したりできます。
  • SSIをご利用になるには、「htdocs」フォルダの下に「.htaccess」を置く必要があります。「.htaccess」ファイル内容は次のとおりです。(拡張子「.shtml」「shtm」有効にするという内容です。) 。
    -------------------------------------
    AddType text/x-server-parsed-html .shtml
    AddType text/x-server-parsed-html .shtm
    -------------------------------------
このページの上部へ
データベース機能
無料
データベース機能
  • ホームページとデータベースを連動させ、よりアクティブなホームページを作成したい方にお勧めです。
  • 大量のデータ(顧客/商品情報)を扱うならばデータベースは欠かせません。「PostgreSQL」「My SQL」がご利用いただけます。
  • データベースをご利用になると以下の容量を消費します。
  • ◎「My SQL」(約0.27MB)
  • ◎「PostgreSQL」(約21MB)
  • セキュリティの関係上、TCP/IP接続はできませんのでご了承ください。

標準
データベースツール
  • Web上でデータベースを管理するためのツールとして「phpMyAdmin」「phpPgAdmin」をご用意しております。
  • データベースツールを使うとブラウザから簡単にデータベースのテーブルを操作したり、データをエクスポート出来たりと、とても便利です。
  • phpMyAdmin バージョン2.1.0。
  • phpPgAdmin バージョン2.4.2。
  • データベースツールはサポートの対象外となっております。
このページの上部へ
ログ解析
標準
ログ取得
  • ホームページのアクセスログやメールログなど、サーバーの生のログが取得できます。
  • ログはそのままでは、ちょっと意味の分からないものですが、市販の解析ソフトなどに読み込んで分析することにより、訪問者の動向や傾向などが分析できます。
  • ログの形式は、テキスト形式で取得されますので、ほとんどの解析ソフトで活用できます。今後のサイト運営に、ぜひお役立て下さい。
  • 1日1回自動的にメールで受信することが出来ます。
  • ログレベルを変更されたい方は、別途お問合わせください。

標準
ログ解析
  • アクセスログ解析ソフトWebalizerにより、お客様のホームページの視聴率をグラフ表示など視覚的に分かりやすく確認できます。
  • 市販の解析ソフトがなくても、ある程度のアクセス状況なら、標準のログ解析機能でも把握することができます。

有料
高機能ログ解析ツールUrchin
  • 高機能アクセスログ解析ソフトUrchinにより、お客様のホームページを多彩な分析ツールでより詳細に確認することができます。
  • 様々な形式でのエクスポートが可能で、各種データベースでの統計に使用することができます。
  • 解析結果(ログ)の保存は通常3ヶ月です。
このページの上部へ
管理機能
標準
コントロールパネル
  • 管理画面から、お客様専用のサーバー管理及び各種設定ができます。
  • 下記環境でのご利用となりますのでご確認ください。

    ■ Windows・・・Internet Explorer5.5以上
    ■ Machintosh・・・Mac OS9.2 or 10、Internet Explorer5.1以上

  • サーバ使用容量の確認、各アカウント使用容量の確認、メール設定(追加、パスワード変更、容量設定、転送設定、自動返信)、FTPアカウント設定・各種CGIなどのインストールができます。

標準
サービスマネージャ
  • 管理画面から、お客様専用のご契約情報の管理及び各種設定ができます。
  • 下記環境でのご利用となりますのでご確認ください。

    ■ Windows・・・Internet Explorer5.5以上
    ■ Machintosh・・・Mac OS9.2 or 10、Internet Explorer5.1以上

  • ご契約のある複数のドメインについて一括で、ご契約情報、ドメイン管理者情報、サイト管理者情報の確認・変更、契約更新、プランの確認・変更やポイント交換などができます。
  • ※便利なオンラインによるカード決済にも対応しています。
このページの上部へ
Copyright(c) 2004-2010 TOP.Co., Ltd. All right reserved.